大館樹海ドームとは
ニプロハチ公ドームは、野球を中心にテニスやフットサルなどのスポーツ、運動会などの各種レクリエーション、またコンサートや見本市、展示会など様々な分野にわたり使用可能な多目的ドームです。
一般市民によるアマチュアスポーツや大会、各種大規模イベントまで、数多くの方々にご利用いただいています。
ドームの特徴
@ 木造ドームでは世界最大級
    (ニプロハチ公ドームは長径178m、木造としては世界最長のスパンです。)
A 樹齢60年生以上の地元産秋田杉を約25,000本使用
    (ひき板にして30万枚、集成材の量は2,472ピース)
B 大館の自然に解け合うような、柔らかで優美な曲線を持つデザイン
    (平成9年度 芸術選奨文部大臣賞[美術部門]受賞)(平成11年 日本芸術院賞)
C 透光率の高い屋根膜で、内部が明るい
D 吸音性に優れ、高い音響効果が得られる
施設のご案内
ニプロハチ公ドームは、多目的アリーナ(グランド)の他に多目的室(3室)、会議室、ロッカールーム、シャワー室、大会役員室、審判室、放送室、付属施設のパークセンターには展示コーナー、展示ホールなどを備え、多様なニーズにお応えします。
 また14ヘクタールの敷地内(ニプロハチ公ドームパーク内)には、サブグラウンドとして利用いただける「コミュニティ広場」等の3面の
芝生、世界の広葉樹を集めた「語らいの森」、水辺の憩いを提供する人工池の「親水公園」、1,060台収容可能な大駐車場があり、全体として大スポーツレクリエーションエリアを形成しています。
施 設 概 要
施設名称 ニプロハチ公ドーム
ネーミングライツパートナー ニプロ株式会社(平成29年4月〜)
 大館市条例上の名称 大館樹海ドーム
建築主 秋田県(ドーム本体・駐車場他)
大館市(パークセンター、語らいの森他)
敷地面積 130,940u
最高高さ 52m(有効高さ46,2m)
アリーナ面積 12,915.36u
利用形態 [主] 野球(両翼90m×センター120m)
[他] サッカー(64m×100m、または64m×90m)、フットサル(6面)
     陸上競技(周回300m、または周回200m)、ゲートボール(20面)、テニス(最大10面)
     ミニテニス・バドミントン(最大16面)
屋根架構 秋田杉大断面集成材アーチ構造
樹齢60年以上、直径20cm以上の秋田杉を約25,000本使用
建物構造 @ドーム棟 下部構造:鉄筋コンクリート
          屋根架構:秋田杉大断面集成材アーチ構造
          屋根膜:四フッ化エチレン樹脂コーティングガラス繊維布(テフロン膜)
Aパークセンター棟:鉄骨造
設計・施工 竹中工務店 伊東豊雄建築設計事務所
延床面積 24,672u
外形寸法 卵型178m×157m(ドーム本体)
観客席 内野席 3,520席(固定席2,104席、可動席1,400席、貴賓席10席、身障者席6席)
外野席 1,520席(人工芝敷き)
  計   5,040席
収容人数 15,000人(アリーナ使用時)
屋外施設 ・パークセンター(展示コーナー、展示ホール)
・コミュニティ広場(天然芝約7,400u、サッカー等可能)
・イベント広場(天然芝約5,300u)
・語らいの森(広葉樹見本林約12,000u)
駐車台数 1,060台(※イベント広場も使用した場合)
管理運営 一般財団法人 大館市文教振興事業団
職    員 館長、職員11名(うち嘱託・臨時職員含む)
所    在 秋田県大館市上代野字稲荷台1-1
TEL 0186(45)2500 / FAX 0186(45)2220
E-mail:←をクリック